髪が少なくなった

髪が少なくなったら、ハゲいじりが…。早急な対策でなんとかしたい。

髪が少なくなった40代男性です。生え際の後退で前髪はスカスカ、頭頂部はつむじが広がりました。全体のボリュームが減って髪が少なくなったら、ハゲをいじる同僚が現れて、悩みの種になりました。

 

 

本人だって髪質は細い猫毛なので、明らかにボリュームが減ってきています。私よりちょっとマシなハゲというだけなのに。人がいやがるのを知っていてしつこく言ってくるので、悔しいし、やめさせたいし、ずっとストレスでした。それが原因で胃痛にもなりました。

 

こんなタイプの男性に適切な対処法がないか調べてみると、いろいろ言葉による返しかたがあるのを知りました。たとえば、こんな表現です。

 

「今はハゲがモテるんですよ」

 

「これハゲじゃなくて、つむじです」

 

でも、これでは「うそだよ、そんなことないだろ」と言い返されました。もっと強力な返し技が……ありました!

 

開き直ってつけ入るスキを与えない

 

ソフトバンクの孫正義社長が言ったというセリフ。力強い!

 

「髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのである」

 

さらに、アクション俳優、ジェイソン・ステイサムの名言です。言ってやりゃいいんです。

 

「この俺に髪の毛なんて似合わない」

 

 

思い切って、ある日、これを同僚にかえしてみました。相手は一瞬、ぽかんとした顔になり、それからゲラゲラと笑い出しました。

 

言うときには自信をもって断言して、相手につけ入るスキを見せず、さっさとその場を去ることです。これをやると、相手はそれ以上かまいづらくなります。ほんとうに腹が立ったら、冷静に「それで?」も効果的です。

 

こんなことをはじめたら、いつのまにか彼も飽きたのか、言わなくなりました。

 

抜け毛の原因は男性ホルモンに関連が。毛量を増やす食生活と早寝対策。

 

少なくなった髪のために抜け毛対策もはじめました。「テストステロン」という男性ホルモンが多く分泌されると抜け毛が促進されます。

 

その男性ホルモンの分泌を抑制する成分が「緑茶」「納豆(大豆)」に含まれています。健康にもいいので、毎日の食事に取り入れました。

 

男性ホルモンは深夜にかけて多く分泌されるため、早寝を心がけました。早寝は朝、気持よく起きられるので精神衛生上もいいですよね。早く出勤すれば満員電車も避けられます。

 

抜け毛も少なくなったので、思い切って育毛剤を検討しました。食べ物に気をつけたいので、香料やパラベンのような有害な添加物の入っていないものだけを調べていきました。

 

これらの条件を満たしていて、そこそこ評価の高いザスカルプ5.0Cを取寄せました。

 

もう「ハゲ散らかしてる」と言わせない

 

使いはじめて1ヶ月ほどすると、まだ毛は細かったものの、根本の立ち上がりにこれまでとのちがいを感じました。3ヶ月ほどすると、全体的にハリも出てきて、自分でも髪が増えてつやがよくなっているのを実感できました。

 

 

そんなある日、私をいじっていた同僚がこんなことを言ったのです。

 

「最近、カツラでもつけてんの? なんか黒くなってるじゃん」

 

私は誇らしげに言ってやりました。

 

「なんか気になるの?」
「いや、べつに……」

 

明らかに相手は動揺(笑)。私の毛量が増えたのがはっきりわかったのでしょう。それからは、いじろうと思っても自分のほうが薄いので恥ずかしくなったようで。

 

ストレスからも開放されたし、楽しい気分ですが、あんまり困っているようなら、この育毛剤を教えてあげてもいいかなと考えています。

 

 

ザスカルプのくわしい情報をみる>>